洗足学園小学校

洗足学園小学校の教育

Happy Growth

洗足学園小学校:確かな成長を実現するために

学校教育目標

 

1.なにごとも自分で考えて、行動のできる子
2.大きな夢を持ち、	粘り強くがんばる子
3.人のためになることを、すすんでできる子

 

教育の特色

 

確かな学力を培う独自の取り組み

 一人ひとりが学ぶことの楽しさ、面白さを見出し、深い理解に基づく学力を養成していくことが、洗足の学習目標です。そのために、オリジナルのテキストや難易度の高い問題集を活用した高度な授業、また工場見学や国会見学、地層観察などの校外学習など様々な体験を多く取り入れた授業を実践するとともに、より良い学習を求めて絶えず工夫と努力を積み重ねています。

 

最良の進学先へのサポート体制

 本校の卒業生ほぼ全員が、難関の国立・私立中学校へ進学しています。そのために「進路サポートルーム」を開設し、卒業生の受験結果を基にした資料や卒業生の残した受験校レポートなどを閲覧することができるようにしています。一人ひとりの持つ可能性を確実なものとするための進学を、強力にバックアップする体制を学校全体で整えています。

 

思いやりの心を育てる多様な活動

 豊かな感性は他者への優しさの泉源となります。四季折々に散りばめられたたくさんの学校行事を通して、リーダーシップや自主性、協調性などを身につけていきます。特に、年間を通しておこなわれる、学年を縦割りにした異学年で構成された班活動や オーケストラ活動は、 思いやりの心を育てる大きなきっかけになっています。

 

 

 

ITC教育

 洗足での学習の中心は、一人一台のiPadです。本校ではiPadは文房具であると考えています。これによって無駄のない効率的な授業を進めるだけでなく、児童自らが調べ、発表し、議論するスタイルの学習、つまり主体的な学習へと進化していきます。また、他者の意見や調査の共有が簡単にできるため、協働的な学習も容易です。

 

たてわり活動

 異学年との交流の中から、思いやりの心を育むと同時に、集団の中における、それぞれの役割を自覚します。上級生は、弱いものや小さいものに気遣い、配慮することを学ぶだけでなく、リーダーシップのあり方を学ぶ機会ともなります。下級生は、安心感を持って学校生活を送ることができるのは、多くの人の力があるのだということを理解します。

 

道徳教育

 「考え、議論する道徳」を目指しています。児童自身に関係する身近なテーマを中心に話し合いを進め、違った考え方もあるということを認識したり、多様な価値観に触れたりし、自らの思考をさらに深めます。表面的ではない深い理解を伴った倫理観が身につきます。