洗足学園小学校

2020年度学校案内より
MESSAGES
竹村 遥

聖光学院中高卒
昭和大学医学部卒
昭和大学藤が丘病院勤務
竹村 遥

MESSAGES
竹村 薫

桐蔭学園中高卒
慶応義塾大学環境情報学部卒
全日本空輸株式会社勤務
竹村 薫

MESSAGES
平井 知子

保護者
平井 知子

MESSAGES
藤田 美帆

保護者
藤田 美帆

MESSAGES
竹村 遥

聖光学院中高卒
昭和大学医学部卒
昭和大学藤が丘病院勤務
竹村 遥

Close

伸び伸びと自分の個性を発揮するための
土台を築いてくれた6年間。

生徒の個性を否定することなく、それぞれのキャラクターを面白がってくれた洗足の先生方。元気があり余っている生徒たちと休み時間は一緒に校庭で遊んでくれるアットホームな環境だったからこそ、伸び伸びと自分の良さを発揮することができたのかなと感じます。正直勉強は好きではありませんでしたが、友達と競い合いながら筆算検定に取り組んだり、先生のコメントを楽しみに日記漢字の内容を考えたり。そうした小さな積み重ねが自然と学習習慣や集中力を養ってくれました。学級会で毎回一度は発言しようと心がけたことも、社会人になって役立っていることの一つです。スポーツが好きなので、選手に寄り添うことのできる整形外科医を志しました。これからも幅広い年齢の方たちの健康をサポートしていきたいと思います。

MESSAGES
竹村 薫

桐蔭学園中高卒
慶応義塾大学環境情報学部卒
全日本空輸株式会社勤務
竹村 薫

Close

目標に向かって全力で努力し続ける粘り強さを
鍛えてくれた小学校時代。

子どもの頃からピアノコンクールに出場していた私は、放課後は洗足学園音楽大学の先生のレッスンを受け、音楽の協調性を学ぶために小3からオーケストラに参加してフルートを演奏する音楽中心の生活でした。小5のときにコンクールで最優秀賞を受賞したのを区切りに、中学では新しいことに挑戦しようとラクロス部に入部。中高時代は医学部進学をめざして勉強と部活動のハードな毎日でした。最終的に、今しかできないと思ったラクロスを選択し、日本ラクロス界のパイオニアである慶応義塾大学に進学。大2から日本代表としてワールドカップに出場し、大4で日本一を達成することができました。振り返ると私の原点は小学校時代にあります。一人ひとりの色を大切に育ててくれた洗足の先生方と家族の支えのおかげと感謝しています。

MESSAGES
平井 知子

保護者
平井 知子

Close

言葉を尽くして問題を解決し、
人生を切り開く方法を教えていただきました。

入学したばかりの頃、心細くてよく泣いていた娘に対して涙で訴えるのではなく、きちんと言葉で伝えるように指導してくださった先生方に感銘を受けました。娘が自分の力で人生を切り開いた第一歩だったと深く心に残っています。一人っ子なので縦割り教育も魅力でした。6年生の黒姫移動教室では班をまとめる大変さを経験し、リーダーシップを学ぶと同時に人をサポートする思いやりの心も学んだようです。実験理科や暗誦文も貴重な経験でした。学習院女子中高に進学してからも、慶應義塾大学理工学部1年生になった今も続けているのは、オーケストラとバイオリン、そしてクラブ活動で入っていた卓球です。多感な時期にたくさんの良質なものと出会い、夢中になれるものを見つけてくれたことを嬉しく思っています。

MESSAGES
藤田 美帆

保護者
藤田 美帆

Close

勉強の習慣を養い楽しみながら挑戦する
6年間の積み重ねが自主性を高めてくれました。

2歳違いの息子たちはそれぞれ洗足小から栄光学園中高に進み、サッカーと勉強を頑張る6年間を過ごしました。その後、長男は東京大学理科Ⅰ類に進学し、この春から次男も兄と同じ大学学部へ進学することになりました。仲良く理系に進んだ息子たちを見て思うのは、数学の礎を築いたのは間違いなく小学校時代だったということです。毎日の日記漢字が勉強の習慣を、筆算検定や漢字検定が楽しみながら挑戦する姿勢を育て、「読み・書き・そろばん」をしっかり鍛えてくれました。情操教育にも力が注がれ、広い校庭で思いっきり遊ぶ時間も大切に、静と動のけじめがきちんとつけられていたことも印象的でした。親が何も言わなくても自分で机に向かって頑張る力が身についたのは、洗足の教育の賜物だと有難く感じています。