洗足学園小学校

先生のレポート

 

2020. 9月29日(火)

 

◆たてわり遠足

 

春に予定していたたてわり遠足は、中止となっていました。しかしながら、多くの児童からたてわり遠足を開催してほしいという強い要望を受け、感染防止について様々な工夫を凝らし、実現することができました。当日は曇り空と心地よい秋風のおかげで、1年生から6年生のたてわりメンバーは協力しながらオリエンテーリングに取り組みました。事前にメンバーで計画した遊具広場に立ち寄り、滑り台やターザンロープ、迷路などを学年の枠を超えて楽しむ姿に、たてわり活動の醍醐味を感じることができました。
洗足学園小学校のみなさん、楽しい思い出ができて良かったですね。6年生のみなさん、お疲れ様でした。

児童の日記から
・遠足で「こどもの国」に行きました。私が一番楽しかったのは、百十メートルローラー滑り台です。なぜなら、長い滑り台で私が知っているところがこどもの国にしかないからです。六年生がとてもやさしくて皆をまとめてくれました。私も五、六年生になったら皆をまとめられる人になりたいです。来年もこどもの国に行きたいです。今日は沢山遊んだので疲れました。
(4年女子)

・今日は、遠足がありました。そして、行く前に金曜日の道徳の授業で習ったことを思い出し、実行してみようと心がけて、高学年らしく、頑張ってみました。まず1つ目は、しっかり下級生に「もうすぐ集合だよ」と声をかけてあげました。一部もどってこられなかった子もいましたが、6年生の役に少しでも立っているとうれしいです。来年は、私は6年生なので、今回よりもっと頑張ってみたいです。
(5年女子)

・今日は縦割り遠足でした。六年生、そして班のリーダーとして下級生をまとめるのは大変でした。でも、写真もとれたし、チェックポイントもいけたし、お昼もちゃんと食べて全ての遊び場で遊べました。また、秋になって暑くもなく、寒くもなく、ちょうど良い風がふいていて気持ち良かったです。一年生から五年生も楽しめたみたいでよかったです。
(6年男子)

たてわり遠足1たてわり遠足2
たてわり遠足3

 

2020. 9月19日(土)

 

◆運動会

 

今年の運動会は、新型コロナウイルス感染予防のための対策を講じて、競技種目を厳選し、感染対策を十分に施した上での縮小開催となりました。密にならないよう工夫を凝らした競技と、従来からの様々な伝統競技が入り混じり、熱戦が繰り広げられました。雨が心配されましたがプログラムも変更することなく予定通り午前中のみで全てのプログラムを終えることが出来ました。参観の保護者の方にも人数制限の協力をいただきましたが、大いに盛り上がりました。
最後に、今年も洗足会のお父様・お母様方のお手伝いのお陰で、片付けがスムーズに行われましたことを御礼申し上げます。

児童の日記から
・運動会がありました。今年は、き模を縮小し、競技は少なくしました。でも一番盛り上がるような競技があって良かったです。僕が出たのはカードめくりと学年リレー、ダンスです。リレーはぶっちぎりで失格せず優勝した時の快感は、最高でした。そして閉会式が始まり得点発表でわずか8点差でやっと勝ちました。嬉しくて嬉しくて泣きそうになりました。
(4年男子)

・運動会がありました。結果では赤組が勝って、とてもうれしかったけれど、道徳のじゅぎょうで習った通り、スポーツマンシップをとり、負けた人がいやな気持にならないように、そのうれしさを声に出さないようにしました。そして、家ぞくでたくさんよろこびました。母は、いろいろな行事が中止になってしまったけれど、運動会があってうれしかったと言っていました。
(4年女子)

運動会1運動会2

 

2020. 9月1日(月)

 

◆新しい教室

 

ICTを活用した児童の主体的な学びのための環境整備として、夏休み中に全普通教室の工事を行いました。
それぞれの教室に2台のプロジェクターを追加で設置し、また、壁面全面をホワイトボードに変更しました。今までよりも大きくなった画面に、児童は「見えやすい!」、「映画館みたい!」、「大きい2つの違う画面が見られるので、わかりやすい!」という感想を持ったようです。3つのプロジェクターと自由に使える大きなホワイトボード、そして一人1台のiPad。これからの学びがどのように変化するのか、児童も教職員もわくわくしています。

児童の日記から
・始業式がありました。久しぶりに学校に行きました。教室に入ったらびっくりしました。掲示板がホワイトボードになっていて新しいロールカーテンがついていました。机もホワイトボード側を向いていました。まるで、教室を間違えたかと思いました。授業をしてみたら、映画館みたいでおもしろかったです。これから学校がどんどん進化していくので楽しみです。
(4年男子)

・今日、二学期がはじまりました。学校に来て教室に入ったら、大スクリーンが目の前にありました。とてもびっくりしました。もっと小さいものかと思っていました。掲示板が全てスクリーンになっていました。未来の小学校のような気がしました。iPadも使い、教室も新しくなっていくのでおもしろいです。
(5年男子)

・久しぶりに学校にいったら、驚くべき光景が待っていました。今まで掲示板になっていた壁がホワイトボードになり、プロジェクターも3台に増えました。今まで5年間過ごしてきた机の並びや授業はなくなってしまったけれど、新しい生活様式になっているこの時期に変えたのは良くて、すぐになじめるかもしれません。これからも気持ちを改めて受験生らしく生活したいです。
(6年女子)

新しい教室1新しい教室2

 

2020. 8月25日(火)

 

◆2学期に向けて

 

27日(木)からの2学期スタートに向けて、教員研修会を開催しました。 グループワークを積極的に推進するためのアプリの活用法を、教師役と児童役を経験することで実践してみました。また、新しくなった教室の活用法について参加した教員みんなで話し合い、より自由な発想で未来の教室をイメージしました。今後の活用と児童の驚く様子がとても楽しみです。

2学期に向けて

 

2020. 7月21日(火)

 

◆1年生・2年生交流会

 

1年生と2年生の交流会で、たてわりのペアになるお友だちと一緒に風車作りをしました。2年生は生活で風車を作って作り方を知っているので、今回は先生役になって1年生に作り方を教えます。今年度はオンラインでしか交流をしたことがなかったのではじめは少し緊張した様子でしたが、風車が完成する頃にはすっかり打ち解けて一緒にテラスに出て風車がよく回る様子を見て喜んでいました。中には休み時間に遊ぶ約束をしたという児童もいました。2学期以降のたてわり活動が一層楽しみになりました。

1年生・2年生交流会11年生・2年生交流会2

 

2020. 7月16日(木)

 

◆ICT cafe

 

休校期間に実施できていなかった「ICT_café(教員が主体的に行っている勉強会)」が学校再開とともに開催されています。
先日は「デザイン、みんなでやってみよう!」というタイトルで、「かっこいいデザイン」を考えるワークショップを開催。 参加した教員みんなで話し合い、手を動かし、よりクオリティーの高い作品を完成させました。

教員の感想より
○みなさんが課題のデザインを作成するとき、目的をどのように考えたかについて話しました。私は外部の方向け、ホームページの入り口のようなイメージで作成しました。他の先生は直接説明している場面を想定して作成されたようです。創作するときに、目的をどう設定するかがデザインに大きく影響を与えることが実感できました。

○1人で考えているとアイディアが膨らまないこともあるので、こうしてグループで意見を出し合いながら作業できるのは楽しいです。Keynoteの機能(オブジェクトのロック、透明度の変更、配置の変更、複数選択をしてグループ化など)をグループ内でシェアすることができたのもよかったです。ありがとうございました。

○本日は研修の企画、運営ありがとうございました。編集に夢中になり、あっという間に時間が過ぎて行きました。児童が課題の編集に夢中になる気持ちが分かりました。

ICT cafe

 

2020. 7月14日(火)、15日(水)

 

◆ICT cafe for kids

 

3、4年生児童を対象に、ICT café for kidsというイベントを行いました。教員向けのICT caféは定期的に行われていますが、児童向けのcaféは今回が初めてです。テーマは「コマ送り動画で不可能を可能にしよう!」です。本当ならできないようなことを、少しずつ動きを変えながら写真を撮り、アプリで写真をつなげて動画にすることで不可能を可能にします。はじめのうちは撮影テーマを決めるのに迷っていたり撮影で盛り上がったりしていましたが、最後はそれぞれが集中して動画の編集をしていました。教科の学習とは違った取り組みができ、目を輝かせながら友だちと試行錯誤して作品作りに取り組む児童の姿が印象的でした。

児童の日記から
・今日、昨日からTさんと作ってきた動画が完成しました。難しかったところは、音楽を入れるところです。音楽を入れ過ぎてしまったり、入れることで、動画のイメージが変わったりするからです。はじめは、静止画をつなげて動画をつくることのイメージすらわきませんでした。今回の活動を通して、iPadの活用の幅も広がりました。とても楽しかったです。ぜひまたこのような企画に参加したいです。
(4年女子)

・今日、ささ木先生にICTで動画の作り方を教えてもらいました。ぼくは、O君とペアを組みました。ひとコマずつ写真をとってコマ送りにして動画にする方法を教わりました。前にぼくも自分できょう竜のパラパラ動画を作ったので、やり方は同じでした。加工をしたり、音楽をつけたり、もっともっと楽しい動画を作ってみたくなりました。次回も楽しみです。
(4年男子)

ICT cafe for kids1写真をクリックすると動画をご覧いただけます。

 

2020. 7月6日(月)

 

◆これは何でしょうか?

 

実験理科の授業で顕微鏡を使い始めた5年生。今回は、顕微鏡は上下左右がさかさまに見えることを実験してから、各々、顕微鏡で見てみたいものを自由に観察しました。
例年とは違って、今年は「予備に持って来ていたマスク」の観察をする児童が多く、繊維の違いを比較していた児童もいました。観察したものは、写真を撮って自由参加の「これは何でしょうか?」クイズとして共有しました。

児童の日記から
・3,4時間目の実験理科で、顕微鏡を使っていろいろな物を見ました。また、顕微鏡の特徴も習いました。顕微鏡は上下左右が反対で、高倍率の方が見える大きさは大きいけれど見える範囲はせまいです。私はそのことも頭に入れておきながら、消しかす、自分の髪の毛、アップルペンシルの先の部分を見ました。とても楽しかったです。
(5年女子)

・今日は、3,4時間目に実験理科の授業を受けました。今回は顕微鏡の実験をしました。3時間目には顕微鏡の見え方、仕組みを確認しました。4時間目には好きなものを顕微鏡で見るという事をしました。僕はティッシュ、タオルなどを見ました。わかったことは、ティッシュとタオルの繊維は違うということです。面白かったのはiPadの液晶画面です。いろいろな色で色ができていたので、楽しかったです。
(5年男子)

・今日は、理科の授業で顕微鏡を使いました。はじめは、使い方やプレパラートの動かし方などをマスターして、その後は身の回りにあるいろいろな物を拡大して見ました。例えば、キーホルダーの糸は1本の糸でも拡大すると何本もの糸でできていることがわかりました。とても面白い発見でした。もっといろいろな物を調べたかったです。
(5年女子)

アジの解剖1写真をクリックすると動画をご覧いただけます。

 

2020.7月3日(金)

 

◆七夕かざり

 

今週からは全校での登校がはじまり、教室には子どもたちの元気な声が響くようになりました。低学年ではクラスごとに、折り紙で作った七夕かざりを笹に飾りつけました。ご家庭で飾るための短冊には「コロナがなくなりますように」、「みんながげんきにすごせますように」というような願い事がみられました。たくさんできた飾りは夜空に見立てた画用紙に貼りました。みんなの願いが天に届くといいですね。

七夕かざり1
七夕かざり2七夕かざり3
七夕かざり4

 

2020.7月1日(水)

 

◆2年生の田植え

 

6月17日、2年生の登校日に田植えを行いました。1週間ぶりの登校日に田植えをするということで、前日から楽しみにしていた子も多かったようです。例年とは異なり、ソーシャルディスタンスを保ちながらの田植えとなりましたが、お手伝いに来てくださった保護者の皆様の力を借りながら、一歩一歩足元に気をつけて田んぼの中を進みました。泥の感触や重さ、独特の匂いを感じ、大変な仕事を終えた後はお米を作る農家の方々の苦労を痛感したようです。雨の時期ですが、幸いなことに当日は天候に恵まれ、無事に今年も田植えを終えることができました。12月の餅つきに向けて、イネの成長を楽しみに見守っていこうと思います。

児童の日記から
・今日、わたしは田うえをしました。あがったら、くつ下と手が、土でドロドロになっていて、みんなかいじゅうみたいでした。たのしかったです。
(2年女子)

・今日は、学校で田うえをしました。足がどろにまきこまれそうになりました。どろがねばねばしていました。でもたのしかったです。みんなでそだてたいねが、お米になるのがたのしみです。
(2年男子)

・学校のビオトープで田うえをしました。ぼくのお母さんが来たから2ばいも楽しかったです。つぎのいねかりもがんばるぞー。
(2年男子)

・今日は田植えをしました。足が泥だらけになったし、とても暑かったけれど、『おいしいお米になってね。』と願いながら頑張って植えました。
(2年女子)

2年生の田植え12年生の田植え2
2年生の田植え32年生の田植え4

 

2020.6月30日(火)

 

◆実験理科での観察

 

梅雨の合間、薄日も差す貴重な機会、4年生の実験理科で学級園の植物を観察しました。 「太陽高度や太陽の動き方」の学習で、天球模型を用いて太陽高度を観測したかったのですが、曇りのため「四季の自然の観察」の一環で植物の観察に変更しました。オンライン授業が続いていたため久しぶりの外での観察となり、子どもたちは嬉しそうにたくさんの植物を観察し、撮影していました。言葉での記録だけではなく、各季節の写真を撮って、別の季節の写真と比較して違いを学んでいきます。(一部男子児童は、ビオトープで見つけたザリガニに夢中でした…写真3枚目)

児童の日記から
・今日は実験理科の授業で、ビオトープに生えている木や学級園で育っている植物を観察しました。私が見て感動したのは、ヘチマです。ものすごい勢いでつるを伸ばしていて、2メートル位はありました。我が家で育てているツルレイシは、まだ1メートル位しかつるを伸ばしていないので、なぜ私が育てているツルレイシはよく育たないのか少し疑問です。早く実をつけてもらい、料理をして食べたいです。
(4年女子)

実験理科での観察1実験理科での観察2
実験理科での観察3

 

2020.6月24日(水)

 

◆音楽が戻ってきました

 

6月29日からの一斉登校に先駆け、今週からオーケストラの個人レッスンが始まり、校舎内にまた音楽が戻ってきました。放課後に楽器の音色が聞こえてくると、「日常生活が戻ってきたなぁ」と実感することができます。休校中も自宅で練習を続けていた児童が多く、約4カ月ぶりのレッスンとは思えないほど上手に演奏できていました。合奏練習の再開はまだ先ですが、日々の積み重ねを大切に、練習に励んでほしいです。

児童の日記から
・今日は、チェロの個人レッスンがありました。僕は、自しゅく期間中、あまり練習がはかどらなかったため、全然弾けませんでした。けれども、先生に教わりながら楽器を弾くと、とても楽しくできました。自しゅくしながらだと、一人のため、あまり楽しくなかったけれど、学校でやれば楽しくできました。早くみんなと全体練習をしたいです。一年生の入団も楽しみです。
(5年男子)

・待ちに待ったバイオリン個人レッスンが約4カ月ぶりに再開しました。以前とは違って、感染防止対策を取りながらだけれど、先生に直接細かな音程や正確な拍やポジションを確認していただけて良かったです。きちんと直して次回のレッスンにのぞみたいです。夏にはコンクール、冬にはコンサートがあるので、さらに上達させたいです。早くオーケストラのみんなと、ホールで演奏したいです。
(5年男子)

音楽が戻ってきました1音楽が戻ってきました2

 

2020.6月17日(水)

 

◆2回⽬の分散登校

 

全学年2 回⽬の登校⽇。登校⽇には、どの学年も登校するからこそできることを優先的に実施しています。まずは、体育。校庭で思いっきりみんなと運動できる⽇がようやく訪れました。どの学年も体育は最優先の教科です。
その他にも、図⼯で電動のこぎりを使ったり、理科でてこの実験器具を使ったり・・・。ずっと楽しみにしていたことが、ようやくできました。 ⼀⽅、グループでの共同作業や話し合いは、引き続きオンライン授業で実施しています。今⽉はオンラインとオフラインそれぞれの利点を⽣かして、学習を進めています。

児童の日記から
・今⽇は、久しぶりの登校⽇でした、体育では久しぶりに体を動かしたのと気温が⾼かったので、とてもつかれました、でも、今までオンラインでしていた体育と⽐べてみんなでする体育は、「学校にいる」という感覚を強く感じました。今回は休み時間もありました。確かにみんなで画⾯越しにおしゃべりするのも楽しいですが、実際に会って⼀緒に遊ぶ⽅が何倍も楽しかったです。
(6年⼥子)

・今⽇は登校⽇でした。朝から晴れていたので、体育も校庭で⾏うことができてよかったです。夏のような⽇差しでしたが、洗⾜での最後の学年は春がずっと休校だったので、季節を⼀つぬかしていきなり夏になってしまったのだなぁとつくづく思いました。夏休みは⿊姫もないので、秋もすぐに来てしまうんだろうなぁと思うと寂しいですが、学校に⾏けるだけでも嬉しいです。
(6年男子)

・久しぶりの登校。対⾯での授業⼀つ⼀つがとても楽しく、時間が過ぎるのがあっという間でした。ソーシャルディスタンスを守りながらも、友達と思い切り遊ぶことができる幸せ。太陽の光を思いっきり浴びて、暑さをわすれ、⾛り続けました。今、先⽣の話していた通り、筋⾁痛です。そして、気持ちの良い疲れを感じています。今⽇は良い眠りにつけそうです。
(6年男子)

・待ちにまった登校⽇でした。先週の⽕曜⽇からずっと待ちわびていました。なぜならぼくは学校と友達が⼤好きだからです。隣の席に⼈がいない授業は少し慣れないけれど、オンラインで⼀⼈でうけるよりうれしいです。みんなで体いくもできたし、はなれてだったけれどお昼ごはんもいっしょに⾷べることができたので、とてもうれしかったです。毎⽇学校に⾏きたい!
(3年男子)

・学校でお弁当が始まりました。オンライン授業の時は終わった後、お⺟さんと⼆⼈きりの⾷事でしたが、⼤⼈数で⾷べることはとても久しぶりで楽しかったです。私の今の⽬標は班になって楽しく、うれしく⾷べられることです。それはコロナウィルス終息を意味していると思います。私はその⽬標に向けて努⼒したいと思います。私たちの努⼒のつみ重ねで学校の未来が変わると思います。
(3年女子)

2回⽬の分散登校写真をクリックすると動画をご覧いただけます。

 

2020.6月15日(月)

 

◆実験レポートが完成しました!

 

5年生は4月、5月の休校期間中、オンライン授業で学習したことから発展させて、植物の発芽や成長に関して、自分で調べてみたいこと決めて実験をしました。そして、5月末にそのレポートが完成しました。植物を用いた実験は条件の制御が難しく、方法を考えるのに苦労した児童や、結果をまとめ考察をする段階で、条件制御が不十分だったことに気づいた児童もいました。
今年の5年生は、オンライン授業後の午後の時間をたっぷり使って、例年以上に主体的に学習をすることができています。今後も、オンライン授業の日の午後の「主体的に学ぶ時間」を活用して、自分の学びを深めてほしいです。


実験レポートが完成しました!写真をクリックすると動画をご覧いただけます。

 

2020.6月8日(月)

 

◆分散登校②

 

児童の分散登校が実施されています。6月4日の6年生から始まり、今日は4年生が登校しました。 6年生の登校時の動画をオンラインで見たり、事前に「新しい学校生活のガイド」と共に感染対策について学んだ上での登校です。新しい生活に向けて、自分たちで遊びのルールを工夫して作るなど、子どもたちなりの手探りも見られました。幸い天気に恵まれ、短時間ではありましたが外遊びも出来て、翌週の次の登校日が待ち遠しい4年生でした。

児童の日記から
・久しぶりの学校がありました。とてもうれしかったです。学校では、「全然遊べないだろうな」と思っていました。でも、エアタッチにするなどのルールを工夫したので、おにごっこができました。マスクははずしてよかったのですが、とてもあつかったです。やっぱり、「ズームより学校に行った方が楽しいな」と思いました。早くふつうに学校をさいかいしてほしいとねがっています。
(4年男子)

・今日、始業式以来、約1ケ月ぶりに学校に登校しました。校内では、サーモグラフィーでの検温があったり、手指の消毒、ソーシャルデイスタンスの徹底など、何だかものものしかったですが、みんなと再会できて、とても嬉しかったです。オンラインで話そうとすると、身構えてしまうので、やはり対面して話をする方が話しやすいと思いました。早く毎日通学できる日が待ち遠しいです。
(4年女子)

分散登校②-1分散登校②-2

 

2020.6月5日(金)

 

◆購入から2ヶ月

 

ようやく届きました、MacBook Air!12台!ありがとうございます。ワクワクがとまりません。

購入から2ヶ月

 

2020.6月5日(金)

 

◆サイト開設のご案内

 

この度、本校のICTの教育への活用をまとめた教育関係の皆様向けのサイトを開設いたしましたので、ご案内いたします。


右の画像をクリックすると教育関係の皆様向けのサイトをご覧いただけます。
https://sites.google.com/senzoku.ac.jp/ict/home
サイト開設のご案内

 

2020.6月4日(木)

 

◆分散登校開始

 

6月3日に6年生、6月4日に5年生が登校しました。 この日を待ち焦がれていたのは、児童だけではありません。登校する児童の姿が見えると、受け入れる教員側も自然と笑顔になりました。
児童が下校後、今後のさらなる対策のために、職員打ち合わせをおこないます。その際の担任からの第一声は口をそろえて「とても楽しかった。」でした。毎日、オンライン授業で顔を合わせ、毎日、日記のやり取りをして、コミュニケーションは日頃から取っていても、やはり、顔を合わせて交流することにはかないません。今後も「新しい学校生活」のガイドに沿って、お互いのことを思いやって生活していきましょう。 1年生から4年生のみなさん、来週の登校をお待ちしています!

児童の日記から
・今日は久しぶりに学校に行きました。密にならないようにみんなとわいわい集まって遊べなかったけれどみんなと会って少しだけお話ができました。こんな嬉しい日はないなと思うくらい心が嬉しがっていました。もし、学校が再開(毎日行けるようになったら)したら一日、一日を大切にして(いつもしてますけど、さらに)みんなと遊びたいです。
(女子)

・今日は、ななななんと、学校へ行きました。きちんと消毒してから、みんなと会いました。みんな、元気そうであり、とても良かったです。そして、にぎやかで、何か楽しかったです。明日はzoomの授業であることが、不思議でならない僕の感情はもうもどるにはけっこう大変そうです。また、来週みんなとちゃんと話せることを楽しみにしています。
(男子)

・今日、久しぶりに、学校にいきました。天高く昇った太陽の光に当たりながらマスクをしていると、口周りが熱帯雨林みたいになってしまいました。学校に行くと、みんな変わらず登校していました。残念ながらパンダ一頭分は離れなければいけないので、ちょっと会話が上手くいく感じではありませんでした。これからも、密に気をつけたいです。 
(男子)
※パンダ一頭の体長=2mのため

・久しぶりに皆に会う事が出来ました。楽しかったし、うれしかったし、幸せでした。ですが、男子に会うことが出来ず、さみしかったです。それからハグも出来ず、近寄ることもダメでしたので、心細かったです。15日がたのしみでたのしみでしかたありません。皆が笑顔で元気に、幸せでいられますように。コロナが収まりますように。 
(女子)

・実際に会って話した方が会話がはずみ楽しかったです。友達と一緒にいられるってとてもすごい事なのだと改めて実感しました。 
(6年女子)

・いつもの様に近距離で話すことは出来ませんが、実際にしゃべっていると話も盛り上がるのでとても気持ちが高ぶってしまいました。学校の対策も万全ですごく驚きました。自分たちでも距離を置く事に注意して、また学校に行きたいです。 
(6年女子)

・学校はソーシャルディスタンスを守るための位置テープや消毒液の設置、検温、換気など先生方が丁寧に準備して下さっていました。教室は男女で分かれて過ごしたので、男子校の様な気分でした。…友達との関わり方にも気をつけなければいけませんが、こうして皆に会えて、とても嬉しかったです。学校再開に向けて、安全な環境を整えて下さった先生方に心から感謝しています。 
(6年男子)

分散登校開始1分散登校開始2
分散登校開始3分散登校開始4

 

2020.6月1日(月)

 

◆学校再開への道のり③

 

欠席する児童へ授業の様子を配信できるか、朝の会でお試し。学校再開目前にもかかわらず、1教室にiPadが3台もあると、担任教諭はてんてこ舞い。そんな担任を温かく見守ってくれる子どもたち。今日も成長させてもらっています。
本校オリジナル「新しい学校生活ガイド」を使って、登校前の最終確認をしました。感染症対策のために、新しい学校生活には今までにはなかった制限やルールがあります。「学校は明るくて楽しくて、安心して過ごせる場所。それを思い出してほしい。」 そんな教員の願いから、寸劇をしたり実況中継の要素を交えたりしてルールを紹介しました。人と距離を取ると言うとネガティブなイメージになりがちですが、みんなのため、自分のために距離を取るということを確認しました。
ルールの確認の最後には子どもたちの力を借りました。
「密を避けて遊ぶにはどうすればよいのだろう?みんなで遊べるアイデアを考えてください。」
早速集まった遊びのアイデアは傑作揃い。より一層登校日が楽しみになりました。

児童の日記から
・来週は、やっと学校に行くことができます。三カ月も家にいてつまらなかったけれど、来週はひさしぶりに友だちと会えるのでとても楽しみです。でもコロナウイルスのよぼうのためにあまりあそぶことができません。さみしいけれど先生の話を聞き、行動しようと思いました。まだコロナはなくなっていないので、安心しないでしっかりよぼうしようと思いました。
(3年男子)

・総合の授業は、A、B組合同で受けました。学校の感染対策を先生が劇で教えてくれました。劇は分かりやすくて完璧にルールを覚えることができました。来週学校に行くことができるので、とっても楽しみです。感染対策は、思った以上に厳しかったけど、ルールをきちんと守って感染予防したいです。ガイドも母と一緒に読みました。
(3年女子)

学校再開への道のり③1
学校再開への道のり③2学校再開への道のり③3
学校再開への道のり③4学校再開への道のり③5
学校再開への道のり③6

 

2020.6月1日(月)

 

◆学校再開への道のり②

 

6月1日。学校再開へのカウントダウンが始まっています。
まもなく始まる分散登校に向けて、約2ヶ月ぶりに教職員が集結し、学校再開に向けた準備に取り組みました。 持ち前のチームワークの良さは健在で、アトリウム・廊下・教室等、児童の共有スペースの準備を手際よく行いました。どうしたら密にならないか、感染防止のためにどんな工夫ができるか、あらかじめ吟味したことを踏まえて準備を進めました。新しい学校生活に関するガイドブックも作成しました。
洗足学園小学校では、しばらくの間、欠席する児童のために、授業をオンラインでも配信する予定です。 再開まであと少し。児童が安心して登校できるように、保護者の皆様が安心して我が子を送り出せるように、引き続き、準備を進めていきます。

学校再開への道のり②1学校再開への道のり②2
学校再開への道のり②3学校再開への道のり②4
学校再開への道のり②1学校再開への道のり②2

 

2020.6月1日(月)

 

◆学校再開への道のり①

 

緊急事態宣⾔が解除され、いよいよ学校が再開となります。登校⽇のお知らせを聞いて、児童は期待に胸を弾ませています。しかしながら、今までと同じような学校⽣活を送ることはできません。他者を思いやるからこそ、周囲への新たな気遣いが必要不可⽋となります。
「学校再開に向けて」をテーマに道徳の授業を⾏いました。児童⼀⼈⼀⼈が考える危機意識を仲間と共有することが本時のねらいです。
同時双⽅向型のオンライン授業を⾏っている本校では、登校⽇に先⽴ち、「⾃分が気をつけたいこと」「みんなに気をつけてほしいこと」「休み時間を安全に過ごす⽅法」について、活発な意⾒交換を⾏いました。友達の意⾒を聞いて、共感したり、考え⽅に変化が⽣まれたりして、登校⽇に向けて⼀歩前進することができました。

児童の日記から
・道徳で、学校が始まったら、どのような事に気をつけるか、という事を話し合いました。学級委員⻑さん、司会進⾏をしてくれてありがとうございました。ぼくは、「くしゃみをしただけで、コロナだというのはやめる」と、「貸し借りをしない」という⼆つの意⾒が良いと思いました。学校が始まったら、決めた事を注意しながら⽣活します。
(5年男子)

・今⽇、1時間⽬に道徳の授業で、学校再開にあたっての注意点や、⼯夫をクラスで話し合いました。今は⼤変な状きょうだけど、学校に⾏けてとてもうれしいけれど、気を付けなくてはいけない点がたくさんあるということを改めて実感しました。まだ、やるべきことはたくさんありますが、みんなと意⾒を共有して、感せん予防をしていきたいです。
(5年女子)

学校再開への道のり①

 

2020.6月1日(月)

 

◆オンライングループ活動

 

3年社会科では「理想の商店街」をテーマに、グループ発表に向けてオンラインで準備を進めています。発表に向けての資料作りにはKeyNoteを使用し、共同で編集をおこないます。お互いにアドバイスを送り修正を加えながら、一つの作品を作り上げていきます。
オンラインでの学校生活において、授業時間は互いに意見を交わし合える貴重な場です。時間ギリギリまで積極的にアイデアを出し合い、理想の商店街を形にしていこうとする姿が見られます。
気軽に面と向かって相談ができないこのような状況の中でも、資料編集の画面上にメモを残してやり取りをおこなうなど、工夫しながらコミュニケーションを図る様子も見られます。子どもたちの柔軟な発想に驚くと同時に、オンライン上でもこれだけの協働的な学びがおこなえるのだと、とても嬉しく感じます。
本番でどのような発表を見せてくれるのか、今から楽しみです。

児童の日記から
・今日は、ライフ社会で話し合いをし、今回は私がし会やくとなりました。午後の二時からキーノートの発表用を作せいしていました。八ぱんの決めたテーマに合わせてグラデーションをしたりして、おきゃく様をよびもどそうと思っています。来週は、いよいよリハーサルなので、少しどきどきですが、これまでにそなえた話し合いをむだにせず、どうどうと発表したいです。
(3年女子)

・今日は、社会の授業がありました。Lifeの方だったので「ブレイクアウトルーム3」のメンバーで、もう完成近い理想の商店街の仕上げに入りました。私たちの商店街のテーマは〈子どもが色々体験できる商店街〉。キッザニアのようにお店で働けたり、VRを体験したりすることができます。私はアピールポイント5の『映える』を書きました。みんなで一生けん命考えたので発表も上手くいくといいです。
(3年女子)

・今日、三時間目のライフ社会のブレイクアウトルームで僕が司会でした。今日は、理想の商店街の、キーノートで直さなければいけない事やリハーサルと発表をする順番などを決めるためにブレイクアウトルームを使いました。司会は初めてなので、最初はドキドキしたけれど、最後は、やって良かった、とほっとしました。司会をして、少し楽しかったです。
(3年男子)

オンライングループ活動

 

2020.5月26日(火)

 

◆オンラインレクリエーション【たてわり活動】

 

5月26日に3~6年生がたてわり班で集まってオンラインレクリエーションを楽しみました。男女混合で集まるのは初めてだったので、まずは自己紹介をしました。
その後、写真の班では、自宅にある物という条件でしりとりを行い、それぞれが画面に見せながら進めていきました。下級生の様子を見て上級生がヒントを出すなど、レクリエーションを通して親睦が深まりました。

児童の日記から
・たてわり活動を三時間目にしました。上きゅう生のお兄さん、お姉さんの名前もだんだんおぼえられてきました。今日は、たく山ゲームをしました。少数派ゲームや私はだれでしょうゲームなど。私はだれでしょうゲームは、作りもしました。まず答えをきめて、その特ちょうを考えてヒントにしました。とっても楽しかったです。
(3年女子)

・今日三時間目にたてわりはん活動がありました。私のはんでは六年生や先生がした質問の答えを紙に書いて答えるゲームをしました。 六年生の質問、「好きな本は何ですか。」では、あんごうクラブが多かったので読んでみようと思います。先生の質問は「好きな食べ物は?①そば②うどん③ラーメン」でした。私はそばと答えましたが、おなじ答えの人は一人でした。
(3年女子)

オンラインレクリエーション【たてわり活動】

 

2020.5月25日(月)

 

◆学校説明会

 

YouTube(Google提供サービス)を活用し、学校説明会の動画配信を期間限定で実施させていただきました。
事前にご予約いただいた方だけに限定で公開させていただき、視聴回数は累計5000回を突破しました。たくさんの方にご覧いただき、教職員一同嬉しく思います。
心より御礼申し上げます。ありがとうございました。
6月にはオンラインによる公開授業を予定しております。
本校児童が学ぶ姿を、洗足の空気を少しでも感じていただければと思います。
詳細につきましては、後日、本校ホームページにてお知らせ致します。

学校説明会

 

2020.5月21日(木)

 

◆192 Caféクイズ大会

 

第3弾の「超難問クイズ!チームバトル」に、本校の5、6年生児童も参加しました。
初のチーム戦ではZoomのブレイクアウトルームを使い、協力して答えを考えます。本校児童はオンライン授業中もブレイクアウトルームの機能を使ってグループでの話し合いをしているため、操作に戸惑うことなく、クイズの解答を求めることに集中できていたようです。
※192は、日本私立小学校連合会に所属する学校数を表しています(2018年10月時点)。写真は192cafeよりお借りしました。

児童の日記から
・今日は、チームバトルのクイズ大会にZoomで参加しました。7校参加で1チーム4、5人で戦いました。ブレイクアウトルームは授業で慣れているので、初めて会う人達ともすんなりできました。それぞれが得意分野があり、ファインプレイができました。なんと僕のチームが全問正解したのです!うれしかったです。代表で僕が感想を言って終わりました。次が楽しみです。
(5年男子)

・今日は、クイズ大会がありました。始まる直前までネットにのっている問題集を解いたりしていました。計算からとんちなどがでました。問題の数が5問と意外と少なかったのですが、面白かったです。グループは、洗足小の友達が僕を含めて3人いました。チームワークもよく、楽しく取り組めました。またやってほしいです。
(5年男子)

193Caféクイズ大会

 

2020.5月19日(火)

 

◆オンラインたてわり

 

本校では、全校児童を全10班に分けて、年間を通じて様々な「たてわり」の活動を行っています。今日は、1年生から6年生まで班ごとに集まってオンライン上で交流しました。初回ということもあり緊張した様子の下級生を、6年生が優しくサポートしている姿が印象的でした。それぞれ自己紹介をして、6年生を中心にオンラインレクリエーションを楽しみました。交流を通してお互いを知り、笑顔で初回のたてわり活動を終えることができました。

児童の日記から
・今日は初めてのたてわり班活動がありました。そこでは自己しょうかいとあだ名を決めました。私はびっくりしたことに、同じたてわり班の子がほとんど知っている子でした。その瞬間、「ああ、私ももう4年生なんだな」と思いました。妹は知らない人ばかりでとても緊張していたので、いろいろ教えてあげたいです。
(4年女子)

オンラインたてわり

 

2020.5月18日(月)

 

◆合唱の力、合奏の力

 

学校の音楽の醍醐味はなんといってもみんなと合わせる合唱と合奏です。同時双方向型のオンライン授業だからこそ、3密を避けて合唱・合奏をすることができています。
児童は毎週の音楽を楽しみにしています。みんなで合唱すると気分がすっきりすると言います。合唱の力は偉大です。
久しぶりにリコーダーを演奏しました。今回演奏したのは「グリーングリーン」。オンラインで音を合わせて演奏するのは難しいですが、先生の模範に合わせて、いつもよりゆっくり演奏。音を見事に合わせることができました。達成感が心地良いです。合奏の力も偉大です。

児童の日記から
・今日の音楽の時間は、リコーダーで「グリーングリーン」という曲をふきました。オンライン授業の時はいつもとびらをしめていますが、歌を聞いてほしかったので、お母さんに聞こえるようにとびらを開けると、お母さんも歌が聞こえたと言っていました。「ありがとうの花」という曲を歌いました。お父さんとお母さんも知っている曲で楽しく歌えたので良かったです。
(5年男子)

・今日は、二時間目の音楽の授業で久しぶりにリコーダーを使い「グリーングリーン」という曲をふきました。落ち着いた曲だったのでうまくできました。その後に山田耕筰さんが作曲した「待ちぼうけ」をテノール歌手の人が歌っているのを聞きました。リズムと歌詞がとても良く合っていてすごいなと思いました。「エール」もこれからが楽しみです。
(5年男子)

合唱の力、合奏の力

 

2020.5月15日(金)

 

◆オンラインによるクラブ活動

 

子どもたちがとても楽しみにしていたクラブ活動がオンラインで行われました。新年度初めての活動で、メンバー間での自己紹介や、活動内容、活動中の注意事項などを確認しました。通常登校が始まってスムーズに活動出来るよう、各クラブから出された課題に取り組む様子にも、これからの活動に対する期待感が溢れていました。
野球クラブでは、使用する用具の説明やルール等の確認を行い、グラウンドで思い切りプレイ出来る時を夢見て、早速チーム編成の相談も行われました。

児童の日記から
・野球クラブが始まりました。はじめてのクラブだったのでドキドキしましたが、そんなにきんちょうすることはありませんでした。自己紹介とルール説明と用具の説明を先生方がしてくれました。クラブ活動が次にどのように始まっていくかは分かりませんが、次がとても楽しみです。
(4年男子)

オンラインによるクラブ活動

 

2020.5月15日(金)

 

◆学級委員選挙

 

立候補の申請、選挙ポスターの掲示は、ロイロノートスクールを活用。投票日当日はZoomを活用し、立候補者のスピーチ、有権者(クラスメイト)との質疑応答を行いました。
勇気を出して立候補してくれた皆さんに拍手!どの人のスピーチも堂々として、とても立派でした。
清き一票を投じてくれた皆さんに拍手!ポスターをじっくり読み、質疑応答をよく聞いて、投票してくれた皆さんは大人顔負けの、立派な有権者です。 最後に、開票する際、集計を手伝ってくれた選挙管理委員の皆さんに拍手!責任を持って役目を果たしてくれました。ありがとうございます。
2学期はまた、投票箱を使った、本格的な投票ができると良いですね。

児童の日記から
・今日は、二時間目に学級委員選挙がありました。計四人が立候補していて、みんなスピーチが良かったです。クラスのみんなに恩返ししたいと言っているもいれば、不安に思う人をなくしたいと言っている人もいました。だから、だれに投票するか迷ってしまいました。学級委員長にならなかった人もとても良く頑張っていたなと思いました。二学期立こうほしようかなと思いました。
(5年男子)

・今今日は、二時間目のオンライン授業で、学級委員選挙がありました。スピーチをきいて、だれに投票しようか迷いました。だれが学級委員長になってもおかしくないと思いました。画面を通してでしか会えないけれど、クラスをまとめてもらえると良いです。
(5年女子)

学級委員選挙

 

2020.5月14日(木)

 

◆80.4%

 

の数値*1は、在宅勤務をする本校教職員の割合を表しています。 本校では、多くの教職員が自宅から授業*2を行っています。
職員会議は、オンラインで毎日実施。15〜30分間程度ですが、「情報の共有」、「意見交換」「オンライン授業のトラブル対処法」など、内容は様々です。
会議資料の作成は、Googleが提供するG Suiteのサービスを活用し、いつでも、誰もが編集・共有できるようにしています。

*1 数値は、4月27日〜5月13日の期間(GWは除く)の教職員勤務予定表を参考に算出したものです。
*2 朝の会、帰りの会、授業は40分間授業を3コマ実施しています。午後、児童は午前の授業を踏まえた課題を家庭で取り組みます。
*右の写真は、職員会議の様子、在宅勤務する教職員のデスク。

80.4%

 

2020.5月12日(火)

 

◆プチ自慢大会を行いました

 

オンライン授業を行っている今だからこそ出来る企画、「私のプチ自慢大会」を開催しています。家にいるからこそみんなに見せられるプチ自慢を持ち寄り、発表します。自分の発表時間のために、写真や動画を用意したり、プレゼンテーションを作ってみたりと工夫した発表が多く、発表を聞く人にとっても、とても楽しい時間となっています。
家で作ったレゴブロックの作品や、楽器の演奏、飼い犬や兄弟の紹介など、普段は見られない友達の自慢に触れることができる特別な体験ができています。

児童の日記から
・今日オンライン授業の三時間目ではプチ自慢をしました。ぼくは、ねん土工作が得意なことをプチ自慢で話しました。ぼくが小さい頃にお父さんと一緒に作ったワニや、図工の授業で作ったワニなどを見せたら、「すごい」と言ってくれたので、とても嬉しかったです。他の人の発表で一番驚いたのは、〇〇くんの折り紙でした。ぼくもあんな風に折り紙が折れたら良いなと思いました。
(5年男子)

・今日は、3時間目の総合の時間にプチ自慢をやりました。ぼくが発表したのは、ひいおばあちゃんのおかあさんくらいから伝わっている茶道のかまです。上手く発表出来たかは、はっきりはわからないけれど、終わったのでほっとしました。みんなは弟や家から見える景色、メダカなど色々なことを発表していたので、とても楽しかったです。
(5年男子)

プチ自慢大会を行いました

 

2020.5月12日(火)

 

◆ランチ会

 

児童の意見が学校をもっと良くする。洗足学園小学校にはそんな一面もあります。今回はその一例をご紹介します。
オンライン授業が始まり、学校生活にも慣れ始めた児童からさまざまなリクエストがあります。その中の一つ「友達と一緒にご飯を食べたい。」という願いを実現してみました。名付けて「オンラインランチ会」。
参加は自由。わずか30分間ではありましたが、友達と顔を合わせ、会話を交わしながらいただくお昼ご飯はいつも以上に盛り上がり、楽しくおいしい時間となりました。
参加した児童からは、「またやりたい」という声が多くあがりました。

児童の日記から
・今日は、ランチ会がありました。全員が参加していたわけではなかったけど、ご飯の話や、アニメの話などで、もり上がって楽しかったです。みんなといっしょに食べるお弁当の時間がなくなって、さみしかったので、出来て良かったです。あと昨日と今日、A組へ行って遊びました。全然しゃべれてないKさんとお話し出来てうれしかったです。 
(5年女子)

・オンラインでのランチ会がありました。はじめてでしたが、みんなとは話しながら食べることができたので、とても良かったです。また、今日は私がお弁当箱におかずをつめたり、作ったりしました。作るのも楽しかったです。オンラインランチ会をすると、学校に登校して直接会って食べているような気分になることができたので、またやりたいなと思いました。
(5年女子)

ランチ会

 

2020.5月11日(月)

 

◆全校朝会

 

⽉曜⽇の朝は、全校児童が広間に集まり、全校朝会を⾏います。残念ながら、今年度は⼀度も集まることができていません。
休校期間中ですが、校⻑先⽣から児童へ思いのこもったお⼿紙が送られました。今回のテーマは「夢をもつ」です。
校⻑先⽣のメッセージに勇気をもらい、⾃分の⽣活をより良いものにしていこうとする姿勢が児童の⽇記から伝わってきました。ご紹介します。

児童の日記から
・今⽇は、校⻑先⽣からのお話が書かれた⼿紙が送られました。読んで思ったことは、私も⼩学校の先⽣になりたいという夢をもっているので、そのような夢をもつことが⼈を成⻑させてくれるということです。しょうらいの夢にむかってできることを⾝近なことからこつこつと進めていきたいと思います。先⽣や友達に会えないのはさびしいけれど、がんばります。 
(5年女子)

・「校⻑先⽣のお話」を読んで校⻑先⽣のお話で⼀番⼼打たれたのは、「夢を持つことは⼈を成⻑させます。⼈は、夢があるからがんばれるのです。」というお⾔葉です。ぼくも夢を実現するために、学校の勉強やボランティア委員の活動など、様々な経験を通して夢に向けて成⻑したいです。⾝近なところから努⼒しようと思います。
(5年男子)

・「校⻑先⽣のお話を受けて」今⽇、朝の会の後に校⻑先⽣からの朝会のお話が送られてきたので読みました。その⽂の中で「理想⾼遠、実⾏卑近」という⾔葉がありました。これは、前⽥若尾先⽣が残した⾔葉だそうです。私の夢は医者です。その夢に向かってしている⾝近なことは、医りょう現場で戦う医りょう関係者の⽅の動画を⾒ることです。病気で苦しむ⼈たちを⼀⼈でも助けられるよう、これからもがんばります!
(5年女子)

・朝会の校⻑先⽣のお話を読みました。そこには、前⽥若尾先⽣の「理想⾼遠、実⾏卑近」という⾔葉が出てきました。ぼくは、⼈の役に⽴つ物を作るのが、将来の夢です。⼈に役に⽴つ物を作るには、社会の事を知る必要があると思うので、社会の勉強を今、がんばっています。それがぼくにとって実⾏卑近だと思っています。五年⽣からは、歴史も始まるので、これからも社会の勉強をがんばろうと思います。
(5年男子)

 

2020.5月8日(金)

 

◆委員会活動

 

今年度初めての委員会活動を行いました。所属する委員会は、Zoomとロイロノートスクールを活用して、事前に決めました。
各委員会で5・6年生のメンバーがオンラインで初の顔合わせ。初回のオンライン委員会活動では、自己紹介、委員長や副委員長などの役員決めをしたり、委員会の活動内容を確認したりしました。
※写真は、6年生で構成される代表委員会と担当教諭。全校児童のために、自宅でも取り組める生活目標について意見交換をしているところです。必要な書類をリアルタイムで作成してしまうところは、さすが6年生です。

児童の日記から
・初めての委員会活動がありました。まずは、早速委員長と副委員長の立候補と投票を行いました。結果の出る二週間後がとても楽しみです。そして、その後普段の仕事内容の説明をしていただき、最後にこんな時だからこそおすすめする曲を選ぶという課題も出ました。私は気分が上がる曲をたくさん書きたいです。1年間がんばります。 
(5年女子)

・今日、委員会活動がありました。ぼくは放送委員会で、担当の先生は、小板先生、古尾谷先生、堀野先生です。最後の委員会活動なので、「明るく元気に楽しく」を目標にして、頑張りたいと思います。せっかくの機会なので、副委員長に立候補してみました。委員長をサポートできる、良い副委員長になりたいと思ったからです。
(6年男子)

委員会活動

 

2020.5月8日(金)

 

◆オンライン授業

 

1年生と2年生の初めての交流が、先日オンライン上で行われました。2年生は、学校の様子を紹介する作品や交通安全についてのクイズを作り、1年生は2年生にお手紙を書き、お互いに会うのをずっと楽しみにしてきました。交流は4チームに分かれて行われました。最初は緊張していた様子でしたが、それぞれ自己紹介をしてクイズなどを楽しみ、授業が終わるときには『またあそぼうね!』と、まるで昔から友達だったかのように楽しそうに挨拶をかわしました。

児童の日記から
・今日は、交流会で1年生とお話することができました。さっそく友だちもできたので、うれしかったです。もっとお話したいです。 
(2年女子)

・今日は、1年生とのこうりゅうかいがありました。こうつうあんぜんクイズでいろいろなもんだいがありました。たのしかったです。
(2年男子)

・今日、交流会で1年生と会えてうれしかったです。クイズをしたりした時間はあっという間に終わりました。学校であそべるのが楽しみです。
(2年女子)

オンライン授業

 

2020.5月7日(金)

 

◆春休み自由課題発表会

 

休校期間が続いて春休みもなかなか外出することができない児童のために、先生方が全学年を対象に自宅で取り組むことができる自由課題を出しました。祝日やエコグッズなどを新しく考える、運動のチャレンジ動画、一筆書き、実験や料理などたくさんある課題の中から自由に選んで取り組みました。
この日は動画作成ができるアプリを使用したオリジナル動画の上映会を行いました。ストーリーに合わせて登場人物や背景を手作りし、よくまとめられていて個性が光る作品ばかりでした。鑑賞中は画面越しにじっと見入っている姿や思わず微笑む姿が見られました。クラスの枠を越えて児童がオンラインで集まり、友だちの作品から刺激を受けたことで今後の作品づくりにもさらに力が入りそうです。

児童の日記から
・1時20分から先生が出してくれた春休みの課題の上映会をしました。3、4年生で見るので、3、4年生の作品を見ると思っていましたが、2~6年生の作品を見せてくれました。皆、とても上手で私がもっともすごいと思ったのは、最優秀作品の5年生のMさんです。題名は「初夢」で、本当に夢を見ているようで、すごいなと思いました。 
(4年女子)

春休み自由課題発表会

 

2020.5月1日(金)、8日(金)

 

◆社会科王決定戦・理科王決定戦

 

全国の私立小学校が垣根を越えて参加できる未来の学校「192FutureSchool」。 企画第1弾「社会科王決定戦」(1日開催)、第2弾「理科王決定戦」(8日開催)に、本校の5・6年生児童も参加しました。
全国の私立小学校から、社会科、理科に自信のある強者たち、およそ80名がオンラインでクイズバトル。四択問題や並び替え問題、タイピングで入力する問題など、出題形式も様々で白熱した企画となりました。
遠く離れた私立小学校の仲間と手軽に交流できるのはオンラインの強み。本企画を通じて、様々な仲間たちと刺激的な時間を共有することができました。

※192は、日本私立小学校連合会に所属する学校数を表しています(2018年10月時点)。

児童の日記から
・今日は、午後に社会科王決定戦というイベントがあったので、参加してみました。Zoomで参加したら一番初めにO君(クラスメイト)が目に入りました。クイズは文字を打って答える問題でランクが下がってしまいました。でも最初の方で、一位になっていたので、よかったです。最終的には、六年生のA君が二位だったのでうれしかったです。次回は上位にいきたいです。
(5年女子)

・今日、理科王決定戦がありました。ぼくにとっては、この前たくさん凡ミスをしてしまった社会科王決定戦のリベンジでもありました。ぼくはこの大会を一週間前から楽しみにしていました。今回はちゃんと練習問題に参加する事ができ、ぼくは、五位以内に入ったり消えたりのくり返しにより結果は五位でした。とっても楽しかったのでまた同じようなものをやりたいです。
(6年男子)

社会科王決定戦・理科王決定戦

 

      
2020.5月1日(金)

 

◆楽しい図工、楽しい体育

 

本校の図工や体育、音楽、家庭科は、専科の先生が指導します。現在は休校期間中ですが、オンラインを活用し、どの授業でも行なっています。今回は、図工と体育をご紹介します。
壁かけパズルを制作中の5年生。4月はアプリ「Tayasui Sketches School」を活用してパズルのデザイン作りに取り組みました。 今日は、電動糸のこぎりの使い方を学習。仕上げに、アプリ「kahoot」を使ってクイズ形式で楽しく学習内容を確認しました。 体育では4月に表現活動を学びました。写真はロイロノートスクールで児童が撮影・編集・提出した作品です。昆虫や動物、スポーツ選手など、思い思いの表現をしてハイポーズ!
後半は上半身と下半身を鍛える運動をしました。どれも家の中で行える効果的な運動で、授業でなくても手軽に行うことができます。運動のやり方を学んで、運動不足を解消しましょう。

児童の日記から
・今日、オンライン授業がありました。三時間目は図工と体育の授業でした。図工では、先週にパズルの下描きをしました。でも、先週とかわって「スケッチーズ」のアプリを使いました。そのアプリは四年生の理科の授業で使った事があります。図工ではiPadを使った事がなかったので、ワクワクしてしまいました。来週も続きができるので、楽しみです。
(5年女子)

・今日からオンライン授業が始まりました。特に問題はありませんでした。初めてで少しわからなかったけれど、しばらくすれば慣れると思います。今日の授業は体育、道徳、社会、国語の4教科でした。中でも一番面白かったのは体育で、先生の真似をするミラーゲームというゲームをしました。今まで何度かやりましたが最も上手にできました。
(4年男子)

・今日は、オンライン授業で体育の授業がありました。アイソメトリックトレーニングで背中に効くトレーニングをしました。いつもよりつかれるトレーニングでした。土日にも自分でアイソメトリックトレーニングをしてみたいです。図工では電動糸のこぎりの使い方などを勉強しました。ミシンと似ている機械でした。
(5年男子)

楽しい図工、楽しい体育1楽しい図工、楽しい体育2
楽しい図工、楽しい体育3楽しい図工、楽しい体育4

 

2020.4月20日(月)

 

◆理科の実験

 

5年生の理科では「発芽の条件」という単元の学習をしています。発芽のために必要な条件をみんなで協力して探っています。
オンラインでの授業ですが、全員で予想を共有したり、実験の分担をしたり、学校での実験理科の授業と同じように学習をしています。
一つだけ、学校での実験と大きく異なるのは、自宅にある道具で工夫をしなければいけない点です。しかし、それも楽しみのうちで、みんな工夫をしながら実験できました。今まで以上に主体的に学習している様子が伺えます。

児童の日記から
・今日は理科でインゲンマメの実験のための用意をしました。条件をそろえたり、変えたりするのがむずかしかったです。まずゆざましの水を用意しました。それは水の中の空気をなくすためです。また、シャーレに上手にだっしめんをおしこみました。こういう実験をしたのは初めてなので、とても楽しみです。毎日かんさつしようと思います。
(5年男子)

・インゲンマメの観察実験をスタートしました。昨日、計画書を提出し、赤尾先生に二重丸をもらいました。同じカップを二つ用意し、両方にぬらしただっしめんを入れ、その上にインゲンマメの種子を三つぶずつ入れ、片方にだけ黒いケースをかぶせて光が入らないようにしました。私は光が必要か必要でないかの実験を選びました。無事、成功するよう頑張ります。
(5年女子)

理科の実験

 

 
2020.4月6日(月)

 

◆オンラインで新学期が始まりました

 

本校では、児童の健康を第一に考えた措置として3月より臨時休業とした後も、子ども達が友達とのつながりを感じられるように、また、規則正しい生活を続けられるように、オンラインビデオ会議のアプリを使用して授業を行い、教員と児童が双方向でやりとりしながらの学習を続けています。毎日の朝の挨拶、ラジオ体操等に加え、WEB上で児童会役員が話し合いをしたり、各学級でクラス開きや学級委員選挙などを実施したりと、離れていても友達と顔を合わせて意見を交換しながら、学校に来ている時と同じように学習ができています。生活の習慣を失わずに安心して生活できるよう、教職員が日々の児童の学びを支えています。

児童の日記から
・今日は初めて iPadを使ったオンライン授業がありました。初めてだったので、最初はアプリの使い方がよく分からず悪戦苦闘しましたが、時間が経つにつれて使い慣れてきました。なんとか授業をしっかりと受けることができて良かったです。まだ完ぺきに慣れることができるまでには時間がかかると思いますが、精いっぱいがんばって授業を受けようと思います。
(4年女子)

・今日からオンライン授業が始まりました。特に問題はありませんでした。初めてで少しわからなかったけれど、しばらくすれば慣れると思います。今日の授業は体育、道徳、社会、国語の4教科でした。中でも一番面白かったのは体育で、先生の真似をするミラーゲームというゲームをしました。今まで何度かやりましたが最も上手にできました。
(4年男子)

・今日はオンライン授業で一時間目の総合の時間にどんなクラスにしたいか、こうほを出しました。今、学級委員はいないので、アプリのくじで、二人リーダーを決めました。「当たって」と願っていたら当たりました。リーダーはぼくと〇〇くんでした。書記は〇〇さんがやってくれていました。先生にすごくいいまとめですと言われたのでうれしかったです。
(5年男子)

オンラインで新学期が始まりました